坐骨神経痛にきちんと効く薬は?痛みのない治し方を徹底解説

坐骨神経痛 薬

腰から足にかけての痛みや痺れ、毎日の生活の質に影響しますね。人によっては歩行障害を起こすことも。坐骨神経痛の原因はさまざまです。高齢であれば多くは腰部脊柱管狭窄症により、若い人の場合は腰椎椎間板ヘルニアが原因となることが多いようです。どの原因でも症状を和らげることが大切です。安静を保ち、さらに炎症や痛みを抑えるための薬を服用が効果的

 

血行の促進、神経の修復で痛みや痺れのもとを治していきます。また、いまある痛みを和らげるなら鎮痛剤を使うことで対応できます。当サイトでは、坐骨神経痛の痛みにきちんと効く薬をご紹介しています。注射や手術はしたくないという方に。

 

グルコンEX錠プラスの特徴

坐骨神経痛に効く医薬品です。配合のビタミンB1とB6が新陳代謝を促して細胞を活性化、健康な状態を維持することで痺れを緩和。さらにビタミンEの血行促進作用で、痛みを緩和します。加齢とともに失われるコンドロイチンを摂ることで、関節軟骨や椎間板の潤いと弾力を保ち痛み無しへ。1個186錠入りで31日分。初回定期特別価格は、72%OFFの1,980円(税込)。原因に働きかけて痛みと痺れを治す第3類医薬品です。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 ビタミンB1、B6、ビタミンE配合

 

ラークセブンの特徴

坐骨神経痛に効果的な医薬品です。神経の異常を修復する、ビタミンB6とB12・γオリザノールを配合。血行を促進して痛みを緩和する、ビタミンEとナイアシンも入っています。ビタミンB群の働きを助ける成分もプラス。痛みの緩和に繋げていきます。1個93錠入りで31日分。初回定期特別価格は、62%OFFの1,490円(税込)。痛みの原因物質を除去して、痺れを治す第3類医薬品です。

価格 1,490円
評価 評価4
備考 ビタミンB6・B12、γオリザノール配合

 

ロキソニンSの特徴

いまある痛みに効く鎮痛剤です。解熱鎮痛成分ロキソプロフェンナトリウム水和物が、痛みの原因物質を抑えて素早く痛みを鎮めます。胃への負担が少ないタイプの製剤なので安心。また、眠くなる成分も含まれていません。飲みやすい小型錠なので、粒が苦手な方でも大丈夫。1回1錠、1日2回まで服用可能。痛みを鎮める第1類医薬品です。

価格 648円
評価 評価3
備考 ロキソプロフェンナトリウム水和物

 

坐骨神経痛の治し方は?

 

坐骨神経痛はお尻の部分や下肢に痺れやコリ、痛みがあらわれます。症状の出方は人によって違いがありますが、自分で治すために出来ることは同じです。痛みを薬などで緩和しつつ、治す為に自分で出来ることからはじめてみましょう。

 

軟骨の消耗を防ぐことが大切

 

坐骨神経痛は軟骨が消耗することにより痛みがあらわれます。まずは軟骨成分を補うことが大切になります。一番手軽な方法がサプリメンで軟骨成分を補うことです。手頃な値段でサプリメントが販売されています。サプリメントは飲み続けることで効果を感じることができます。最低でも3ヵ月は続けてみましょう。

 

ストレッチで体をほぐす

 

ストレッチを行い、体をほぐすことが効果的です。痛みが強すぎるときは、自分の体と相談しながら無理のない程度で行いましょう。ストレッチは毎日続けて行うことが大切です。

 

筋トレで筋肉をつける

 

軽い筋トレが可能な場合は筋トレを行いましょう。筋肉を鍛えることで、神経が圧迫されている状態が軽減されます。無理のない程度に行いましょう。

 

マッサージを行う

 

坐骨神経痛にはマッサージも効果的です。ゆっくりとマッサージを行いましょう。無理のない程度で行うことが大切です。

 

ツボを押す

 

坐骨神経痛の痛みを緩和するためにはツボを押すこともいいです。ツボは気持ちいいと思う程度押してみましょう。

 

まとめ

 

坐骨神経痛を治すために自分でできることがあります。自分が行えることから始めていきましょう。痛みが強すぎる場合などは無理をしないように気をつけましょう。

 

坐骨神経痛に効く薬とは?どんな成分が有効?

 

坐骨神経痛になった場合に処方される薬があります。しかし、薬で坐骨神経痛が治る訳ではありません。薬はあくまでも痛みを緩和したり、原因になっている病気に対して処方されます。
坐骨神経痛になった場合に処方される痛みを緩和する薬の特徴を簡単にまとめました。

 

非ステロイド性抗炎症薬

 

坐骨神経痛や腰痛などの痛みの緩和によく使われる痛み止めの薬です。

 

中枢性筋弛緩薬

 

痛みでこわばってしまった筋肉をやわらげてくれる薬です。坐骨神経痛の場合によく処方される薬です。

 

神経性疼痛緩和薬

 

神経痛を緩和してくれる薬です。坐骨神経痛の痛みによく効く為、処方される薬です。この薬を飲むと眠気が起こったり、ふらついたりするなどの副作用が出やすいとされています。

 

オピオイド

 

麻薬性鎮痛薬です。ガンなどの激痛などの痛みに処方される薬です。坐骨神経痛でも、耐えられないほどの痛みが強ければ処方されることがあります。

 

ビタミンB12

 

神経組織を回復させてくれる働きがあります。副作用の心配がほとんどないことから、坐骨神経痛の場合にも処方されることが多いです。

 

漢方薬

 

漢方薬でも痛みを和らげてくれるものがあります。牛車腎気丸、八味地黄丸、疎経活血湯、当帰芍薬散などがあります。

 

まとめ

 

このように坐骨神経痛の場合に病院で処方される薬もいくつか種類があります。市販の薬にも同じような効果がある薬がありますが、自己判断で薬を買って飲むのはあまりよくありません。病院で診察してもらい薬を処方してもらうのがいいでしょう。

 

坐骨神経痛にロキソニンが効かない理由は?

 

坐骨神経痛になったときに、痛みをなんとかしたいからとロキソニンなどの痛み止めを飲む人がいます。しかし、ロキソニンなどの痛み止めを飲んだからといって治る訳ではないのです。

 

痛み止めは一時的なもの

 

坐骨神経痛になった場合に痛みを抑えるためにロキソニンなどの痛み止めの薬を飲む人がいます。その場合は、痛みを一時しのぎで抑えているだけにすぎないのです。

 

ロキソニンなどの痛み止めを飲んだからといって坐骨神経痛が治るわけではありません。坐骨神経痛の根本である原因を治さないといけないのです。

 

痛み止めが効かなくなる!?

 

坐骨神経痛になり、痛み止めを処方されて飲んでいる場合、はじめは痛みが軽減されて楽になるかもしれません。しかし、だんだんと痛み止めを飲んでも効かなくなることがあります。

 

これは、痛み止めでは抑えられないほどの痛みが発症していることになるのです。つまり、症状が悪化してきているといえるのです。

 

坐骨神経痛になった場合に痛み止めを飲んで、痛みを軽減することは必要なことです。痛みがありすぎては生活もままならなくなる場合があるのです。しかし、痛み止めを飲んだからと言って、坐骨神経痛が治っていく訳ではありません。

 

痛み止めを飲んで痛みを抑えながら、坐骨神経痛の原因を取り除いていくことが大切になります。注意したいのは、坐骨神経痛になり痛みが我慢できないからといって、自己判断で市販薬などの痛み止めを飲みすぎないことです。医師の診察を受けて薬を処方してもらいましょう。

 

坐骨神経痛の薬(リリカ)に副作用はあるの?

 

坐骨神経痛など神経の痺れや痛みに効果的だとされている痛み止めの薬が「リリカ」です。でも、あまり聞きなれない薬だと副作用が気になりますよね。そこで、リリカの副作用について簡単にまとめてみました。

 

リリカとは!?

 

坐骨神経痛になった時に処方される薬の一つにリリカの薬があります。この薬はロキソニンなどの消炎鎮痛薬とは違います。リリカは神経の痛みに処方される薬です。

 

リリカの副作用

 

リリカの副作用にはいくつかあります。一番よくあらわれる症状として、めまい、意識の消失、眠気があります。そして、下痢、不眠、頭痛、体重の増加、視力の異常なども起こることがあります。他にも、心不全、肺水腫、腎不全、過敏症があります。

 

そして、低血糖もおこります。脱力感、倦怠感、ふるえ、冷や汗、意識障害などが起こることがあります。咳、呼吸困難、発熱などの症状がでることがあります。

 

リリカの注意点

 

リリカの薬を飲んだ時は、めまいや眠気、意識の消失などがあらわれることがあります。危険な作業や運転などは中止しましょう。

 

このようにリリカに副作用があります。薬を飲んでいつもと違った感じがしたり、上記のような症状がでた時は医師に相談しましょう。自己判断で薬を飲むのをやめたりするのはいけません。必ず医師の診断を仰ぎましょう。

 

リリカは神経系の痛みに効果がある薬です。坐骨神経痛の痛みにも効果がある薬です。まずは痛みをやわらげることが大切です。そして、痛みの原因を取り除いていきましょう。

 

坐骨神経痛に効く漢方薬はあるの?

 

坐骨神経痛になったときに、薬だけではなく、漢方薬が処方されることがあります。
どんな漢方薬が坐骨神経痛に効果があるのか、簡単にまとめてみました。

 

牛車腎気丸

 

「ごじゃじんきがん」と呼びます。冷えがある時や、むくみを改善する効果があるとされています。坐骨神経痛が下半身の老化により起こった場合に、この漢方薬が効果を発揮してくれるのです。

 

当帰芍薬散

 

「とうきしゃくやくさん」と呼びます。体を温めて痛みを軽減する漢方薬です。血流を改善して、貧血も改善する効果があるとされています。

 

疎経活血湯

 

「そけいかっけつとう」と呼びます。血のめぐりを良くしてくれるものです。神経系の痛みだけではなく、筋肉や関節の痛みなどにも使用される漢方薬です。

 

桂枝茯苓丸

 

「けいしぶくりょうがん」と呼びます。血の巡りを良くしてくれる漢方薬です。めまい、肩こり、のぼせ、冷え性にも効果が期待できるものです。

 

芍甘黄辛附湯

 

「しゃくかんおうしんぶとう」と呼びます。血の巡りをよくして、痛みをやわらげてくれる働きがあります。筋肉のこわばり、神経の痛みをやわらげてくれる効果が期待できます。

 

芍薬甘草湯

 

「しゃくやくかんぞうとう」と呼びます。筋肉の緊張をほぐして、痛みをやわらげてくれる働きがあります。

 

このように坐骨神経痛に効果が期待できる漢方薬があります。漢方薬で血流をよくしながら、痛みをやわらげてくれるものが多いです。漢方薬で坐骨神経痛が治るのではなく、痛みをやわらげながら坐骨神経痛の原因を治していくことになります。

更新履歴