坐骨神経痛のセルフチェック

坐骨神経痛のセルフチェック

体の不調が出た時に、何が起こっているのか自分では分からない時がありますよね。坐骨神経痛も同じです。症状が一つではないので分かりにくいのが特徴です。坐骨神経痛は早期に治療をはじめるのが望ましいのです。まずはセルフチェックで自分の症状とくらべてみましょう。

 

坐骨神経痛かな!?

 

以下の症状があれば坐骨神経痛かもしれません。
*腰から足にかけて痛みがある
*足に痺れがある
*動かすと痛み、痺れが出る
*痛みやチリチリとした感じ、締め付けられる感じがある
*腰や足に力が入らない
*腰から足が脱力感がある
*腰から足にかけて、触っても感覚が鈍い
*安静にしても腰から足に痛みがある
*お尻が痛くて座っていられない
*足の左右のバランスが悪い
*くしゃみや咳をするだけでも痛みがでる
*排尿、排泄に障害がでる
このように症状はさまざまです。痛みの感じ方も人によって違います。普段とは違う違和感を感じたら、そのまま放置はしないようにしましょう。坐骨神経痛かなと思ったら、病院を受診しましょう。整形外科へ行くことをおすすめします。

 

坐骨神経痛の治療とは!?

 

坐骨神経痛の治療にはどんなものがあるのか気になりますよね。治療はいくつかあります。
*普段の生活の指導
*薬の処方
*理学療法、リハビリ
*注射
*手術
坐骨神経痛は人によって症状が違います。悪化しすぎてしまうと手術が必要な場合もあります。早めに病院へ行き治療を始めるといいでしょう。

 

坐骨神経痛かなと疑いを持ったら、早めに病院へいくことが重要になります。早期の治療で症状が悪化するのを防ぐことができます。