坐骨神経痛の寝方

坐骨神経痛の寝方

坐骨神経痛になると寝ていても痛いという人がいます。では、どういった寝方がいいのでしょうか?

 

坐骨神経痛になった時の寝方

 

坐骨神経痛は人によって症状が違います。つまり寝方も人によって楽な姿勢が違うのです。そこで自分に合った楽な寝方をすることが大切になります。しかし、うつ伏せで寝ることはやめた方がいいでしょう。うつ伏せになることで腰に負担がかかり、骨盤も傾いてしまいます。寝るときはうつ伏せ以外で寝るようにしましょう。

 

横向きで寝る

 

横向きで寝るのが楽な人は、抱き枕などを用意して抱きついて寝ることで楽になります。もちろんクッションなどを抱いて寝たり、足にはさんで寝ることもいいでしょう。自分が楽だなと思う姿勢を探してみましょう。

 

仰向けで寝る

 

両ひざの下にクッションなどをはさんで寝るといいでしょう。自然と足の力が抜ける状態がいいでしょう。仰向けで寝た時に腰が浮いてしまう場合は、腰の下にタオルなどを入れて下さい。ちょっとしたことで体が楽になります。

 

坐骨神経痛になると痛みやしびれとの戦いになります。なるべく痛みやしびれの出ているところに負担がかからないようにしましょう。そして、自分が一番楽だなと思う姿勢で寝ることが大切になります。もちろん、寝具を選ぶことも大切です。体が沈みすぎるベッドはいけません。体に余計な負担がかかってしまいます。そういった場合は布団を敷いて寝てみたり、自分にあった寝具を選ぶことも楽な寝方を探す上で重要です。