坐骨神経痛の寝方

坐骨神経痛の寝方

 

 

坐骨神経痛になると寝ていても痛いという人がいます。ではどういった寝方がいいのでしょうか?

 

坐骨神経痛になった時の寝方

 

坐骨神経痛は人によって症状が違います。つまり寝方も人によって楽な姿勢が違うのです。そこで自分に合った楽な寝方をすることが大切になります。しかしうつ伏せで寝ることはやめた方がいいでしょう。うつ伏せになることで腰に負担がかかり骨盤も傾いてしまいます。寝る時はうつ伏せ以外で寝るようにしましょう。

 

横向きで寝る

 

横向きで寝るのが楽な人は、抱き枕などを用意して抱きついて寝ることで楽になります。もちろんクッションなどを抱いて寝たり、足に挟んで寝ることもいいでしょう。自分が楽だなと思う姿勢を探してみましょう。

 

仰向けで寝る

 

両ひざの下にクッションなどを挟んで寝るといいでしょう。自然と足の力が抜ける状態がいいでしょう。仰向けで寝た時に腰が浮いてしまう場合は、腰の下にタオルなどを入れて下さい。ちょっとしたことで体が楽になります。

 

坐骨神経痛になると痛みやしびれとの戦いになります。なるべく痛みやしびれの出ているところに負担がかからないようにしましょう。そして自分が一番楽だなと思う姿勢で寝ることが大切になります。もちろん寝具を選ぶことも大切です。体が沈みすぎるベッドはいけません。体に余計な負担がかかってしまいます。そういった場合は布団を敷いて寝てみたり、自分に合った寝具を選ぶことも楽な寝方を探す上で重要です。

売れてる坐骨神経痛の薬はこれ!

グルコンEX錠プラスの特徴

坐骨神経痛に効く医薬品です。配合のビタミンB1とB6が新陳代謝を促して細胞を活性化、健康な状態を維持することで痺れを緩和。さらにビタミンEの血行促進作用で、痛みを緩和します。加齢とともに失われるコンドロイチンを摂ることで、関節軟骨や椎間板の潤いと弾力を保ち痛み無しへ。1個186錠入りで31日分。初回定期特別価格は、72%OFFの1,980円(税込)。原因に働きかけて痛みと痺れを治す第3類医薬品です。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 ビタミンB1、B6、ビタミンE配合

まだある!坐骨神経痛に効く薬おすすめ3選