坐骨神経痛の診断

坐骨神経痛の診断

坐骨神経痛かなと思ったら、早めに病院へ受診することが大切になります。しかしどういった診断が行われるのか気になりませんか?病院へ行くと痛いことをされるのではないかと心配になる人もいます。そんな人の為に、どういった診断があるのか簡単にまとめてみました。

 

病院へ行く前に症状を紙に書いておく

 

病院へ行く前にどういった症状が出ているのか紙に書いてメモしておくといいでしょう。いつから症状があるのか、症状がでた原因があるのか、どんな症状なのか、痛みやしびれの状態、症状のでる姿勢などを書いてメモを持っていきましょう。メモを持っていくことで、伝え忘れることを防ぐことができます。

 

坐骨神経痛の診断

 

坐骨神経痛かなと思った場合に病院へ行くと色々な検査が行われます。まずは問診、触診があります。その後に歩行の状態、姿勢のチェック、動作の確認などが行われます。他にもレントゲンを撮ったり、CT、MRIなどの検査が行われることになります。基本的には痛みを伴うような検査はありません。症状を調べるために検査が行われていきます。

 

原因が特定できないことがある!?

 

坐骨神経痛かなと思い病院を受診しても、原因が特定できないことが多くあります。実は病院を受診した人の8割以上が原因が特定出来ないと言われているのです。それくらい原因が色々なところに潜んでいるのです。坐骨神経痛の適切な治療をする為にも、しっかりと伝えることは医師に伝えましょう。