坐骨神経痛は温めるといい!?

坐骨神経痛は温めるといい!?

坐骨神経痛になると痛みやしびれといった症状が出てきます。その場合に少しでも症状を軽くする為に温めるといいと言われているのです。では温めるといいのはどういうことでしょうか?

 

温めることで痛みが減る

 

坐骨神経痛になった時に、腰回りからお尻にかけて温めるといいとされています。これは温めることで冷えが軽減され、血流が良くなるのです。すると痛みが軽減するのです。痛みの元となるものは血流が悪くなると外に排出されず増えてしまうのです。そこで、温めて血流を良くすることが大切になります。

 

温める方法

 

温める方法としてお風呂に入ってゆっくりと湯船につかったり、カイロを使って温めるといいでしょう。温めたタオルや温湿布もいいでしょう。

 

温めない方がいい場合

 

坐骨神経痛になり全てが温めるといいという訳ではありません。炎症が起きている部分や、急性の場合などは温めることで症状が悪化することがあります。注意しましょう。心配な場合は医師に相談するといいでしょう。

 

坐骨神経痛の痛みを軽減させる為に温めることは一時しのぎです。温めるだけで治るわけではありません。坐骨神経痛を治すためにも病院へ行き、治療を行うことが大切になります。坐骨神経痛の原因を取り除かないかぎり治ることはありません。温めることで、痛みがやわらいで楽になるのであれば、取り入れてみるといいでしょう。病院に診察した際に、医師に温めるのがいいのか、冷やすのがいいのか相談してみるといいでしょう。