坐骨神経痛と腰痛の違い

坐骨神経痛と腰痛の違い

坐骨神経痛と腰痛の違いを知っていますか?実はどちらも病名ではないのです。坐骨神経痛と腰痛は症状の名前なのです。二つの症状の違いを簡単にまとめてみました。

 

坐骨神経痛

 

坐骨神経痛は腰からお尻、下肢にかけて痛みが現れます。痺れたり、突っ張る感じがあったり痛みなどの症状が現れます。はじめは動いている時だけ痛みがでていたのが、症状が悪化していくと安静にしていても痛みがある状態になります。激しい痛みになると足に力が入らなくなり、歩行が困難になることがあります。座骨神経につながる脊椎の神経が圧迫されることにより痛みが発生します。痛みの感じ方は人によって違います。ピリピリとした痛みだったり、締め付け感があったりします。

 

腰痛

 

腰痛は長い時間同じ姿勢でいることで筋肉がこわばってしまい痛みが発生します。他にも腰に負担がかかる姿勢で長時間いることで、痛みが現れることがあります。腰痛は腰のあたりが痛くなります。腰の痛みが悪化することで腰だけではなく背中まで痛みが広がってしまいます。

 

まとめ

 

坐骨神経痛と腰痛が一緒に現れることもあります。二つの症状を区別するのが難しい場合もあります。しかし、坐骨神経痛と腰痛は症状が違います。坐骨神経痛が起きてしまい、何もしないで放置してしまうと悪化してしまいます。坐骨神経痛かなと思った場合は早めに病院へ診察にいきましょう。整形外科に行くことをおすすめします。