坐骨神経痛と血行不良

坐骨神経痛と血行不良

血行不良だから坐骨神経痛になったのでしょうか?と疑問を持つ人がいます。座骨神経痛と血行不良についてみていきましょう。

 

血行不良

 

血液の流れが悪くなるのは血管が圧迫されて上手く流れなくなってしまったり、血管の壁が硬くなってしまった状態です。血行が悪くなると、体の色々なところに不調が出てきます。例えば、冷え性になったり、疲れやすくなったりします。他にも、肩こり、腰痛、頭痛などが起こる場合があります。健康でいる為にも血行不良は改善することが必要です。

 

坐骨神経痛と血行不良

 

坐骨神経痛と血行不良は全く関係ないとは言えないのです。もちろん、坐骨神経痛の原因が血行不良だけが原因とはいえないのですが、原因の1つと言えるでしょう。血液の流れが悪くなることで、体に起こった炎症が悪化しやすい状態になっているのです。

 

血行の改善

 

坐骨神経痛になった時は、血行を良くすることも大切になります。しかし血行を良くする為に無理に運動したり、激しく体を動かすことは危険です。医師に相談しながら、出来ることから始めていきましょう。安静にしていることが大切な時もあります。無理はしないようにしましょう。

 

坐骨神経痛だけではなく、血行不良は体の至るところに不調を起こしてしまいます。普段から血行を良くするようにしましょう。例えば、ストレッチをしたり、ラジオ体操をしたり、散歩をしたりして体を動かす努力をしましょう。簡単な運動だけでも違ってきます。