坐骨神経痛になったらクッションを使ってみましょう

坐骨神経痛になったらクッションを使ってみましょう

坐骨神経痛になると座るのが痛くて嫌という人がいます。そんな時にはクッションを使ってみましょう。

 

坐骨神経痛になったらクッションを使いましょう

 

坐骨神経痛になるとお尻が痛くなることがあります。すると座るのが嫌になってしまいます。そんな時にはクッションを使ってみるといいでしょう。クッションがあることでお尻の痛みを減らしてくれるのです。

 

クッションを選ぶポイント

 

クッションを選ぶ際にはいくつかポイントがあります。どんなクッションでもいいという訳ではないのです。
*低反発のクッション
低反発があることで、お尻への負担を減らしてくれます。フワフワすぎるクッションではいけません。
*正しい姿勢をとれるクッション
クッションを使って座るのに、正しい姿勢になれるものがいいとされています。
*お尻がすっぽり入るクッション
クッションが小さすぎてはいけません。お尻がすっぽり入るくらいのクッションにしましょう。
*座椅子タイプのクッション
座椅子タイプのクッションは腰から背骨までを支えてくれるので、座っていても楽になります。

 

クッションを使って座ることは痛みを減らすための一時的なものです。上手に利用して普段の生活から痛みを減らしましょう。坐骨神経痛になったら、病院で診察してもらい治療をしましょう。長時間座りっぱなしはいけません。適度に立ったり、歩いたりしましょう。坐骨神経痛には冷えも大敵です。ひざ掛けを使って冷やさないようにしましょう。