坐骨神経痛になると歩くと痛い!?

坐骨神経痛になると歩くと痛い!?

坐骨神経痛には人によって症状がさまざまです。これ!!という決まった症状がある訳ではありません。そこで坐骨神経痛の症状について知っておくといいでしょう。

 

坐骨神経痛の症状

 

坐骨神経痛の症状が腰のあたりから足まで症状が出ることがあります。腰から足のあたりに痺れがでたり、痛みが現れることがあります。

 

坐骨神経痛の症状が悪化

 

坐骨神経痛の始めの頃は、動いている時に痛みが出たりします。横になっていたり安静な状態の時は症状が現れないことがあります。しかし症状が悪化していくと、動いていない時でも痛みが出てきてしまいます。さらに足に力が入らず歩くのも痛いという状態になります。

 

歩くのも痛いという時は!?

 

坐骨神経痛が悪化して、歩くのも痛いという時は迷わず病院へ行きましょう。ここまで悪化してしまうと、まずは痛み止めで痛みをやわらげながら自宅で安静にすることになります。痛みがやわらいでから治療になるでしょう。

 

坐骨神経痛の症状は人によって違います。歩けないほどに症状が悪化してしまう人もいます。そこまで症状が悪化してしまう前に病院へ行き治療をはじめましょう。まだ動けるし痛みが少しだから大丈夫と思っているのはいけません。初期の症状のうちに治療をはじめることが大切になります。医師の診察を受けて、薬を処方してもらい、治療しましょう。病院は整形外科へ行くことをオススメします。